買ったもの選んだもの

あらゆる商品についてアレコレレビュー。ジャンルは雑多

効果は?DHCのマルチビタミンをとりあえず10日飲んでみた結果

化粧品メーカーとして知られているDHCのマルチビタミンというサプリメントを10日ほど飲んでみました。

 

 

 

 

 コンビニやドラッグストアで簡単に手に入るうえ、非常に安価で購入できるのがポイント。 大手メーカー製であるのも安心できますね。

そして実際に私も店頭で購入して10日飲んだ結果、心なしか肌荒れがすこしおさまった感じがします。

もちろんプラシーボやたまたま治る時期と重なっただけかも知れませんが、体感として「肌荒れには効いた」ように思えました。

錠剤もツルツルしてて結構飲みやすい。

今のところ不調や副作用などはなし。

 

とりあえずこれからも続けて飲んでみます!

アカギも終わることだしスピンオフ「ワシズ」をプッシュ

アカギが来年の2月で終了するようなのでここでアカギのスピンオフ作品ワシズを紹介していきます。

この際鷲巣巌の全盛期に触れてみようか!!

 


でもこれはこれで個人的にいい作品だと思います。位置づけとしてスピンオフのスピンオフ作品になりますでしょうか、かなり原恵一郎先生の色が強く福本漫画として読むには違和感があるかも。

始めに言っておくと、ワシズはギャグ漫画ではなく真剣な麻雀漫画です。 wasizu3.jpg

簡単に言うと主人公鷲巣巌(ワシズ)が主に麻雀で相手をぶちのめし、裏社会の頂点に突き進んでいく物語ですね。結構カタルシスというか熱いです。 blog4.jpg

■ワシズは豪運なだけじゃない

このワシズ、元ネタに倣ってとてつもない豪運を行使していますが単に運だけのキャラクターじゃないんすよ…。 blog3.jpg 詭計を巡らせることに関しても天才的で麻雀だけでなく政治や経済にまつわるストーリーも絡んでいるのが特徴。

 

■バリエーションに富んだ勝負

 

名探偵ワシズだったり超能力みたいな麻雀で勝負したりけっこうハッチャけてますが根底にあるのはシリアスな空気です。

ワシズコプターやら亀の上で麻雀やらで勘違いされやすいかもしれまんがw

 

個人的に1,2巻読んだだけではその漫画の真価は見えてこないと思います。5巻以降がアツくなる展開が多いのでコミック後半がオススメ。

 

ちなみに新章では麻雀だけでなく謎解き要素やロシアンルーレットなど取り扱ってますね。ワシズの暴走っぷりは健在で「鷲巣巌が老いて狂気にさいなまれる」なんてお話じゃないのである意味ホッとした…!

ラストが駆け足なのが気になりましたがこちらもオススメ。

進撃の巨人の作者がリスペクトしているギャルゲー、「マブラヴオルタネイティヴ」

進撃の巨人の作者諫山創先生がなにかとリスペクトしているギャルゲーがあります。ご存知な方はご存知マブラヴオルタネイティヴ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】PC マブラヴ オルタネイティヴ 全年齢版
価格:1888円(税込、送料別) (2017/5/8時点)


 

君が望む永遠でおなじみアージュから出ているマブマブシリーズ二作目にあたるもので、無印版「マブラヴ」の続編。

ジャンルとしてはロボット、セカイ系に分類されると思います。平行世界に投げ出された主人公がBETAという地球外生命体と戦い、一度経験した人類敗北の運命を覆そうと悪戦苦闘していくストーリーですね。

 

恥ずかしながら私は無印版を未プレイで(というのはなかなか見つけられなかったため…)オルタを一発目にプレイしてしまいました。いずれ無印版もプレイします。 さて、このゲーム。windows7で起動する時、妙な警告画面が出てきますがなんなくプレイできました。

blog1.png

このウィンドウで「いいえ」を選んで次にでてくるウィンドウも無視すれば普通に起動できます。 このゲームの魅力といえば綿密に貼られた伏線と量子力学の法則を踏襲したオリジナルの設定などですかね。正直、戦術機云々よりBETAの話のほうが好きだったり…。 mblv2.png まぁ、恋愛だったりセカイだったりロボットだったり量子力学だったりいろんなジャンルが混ざってますが、やはり一つの作品として魅力があるゲームだと思いました。 ラブ+エロ+ミステリー+ロボット+SFとはこりゃ濃厚な作品だw mblv.png 女の子に囲まれてハーレムワッショイ!…なんて言ってられない状況に置かれてる主人公ですが、物語が進むに連れてそれなりの成長が見られます。

 

※ギャルゲーを普段しない人にもプレイしてほしい

 

あと、キャラクターもそれぞれ個性があって考え方とか思想とかの違いはみてて興味深かった。ああ、こんな考え方もあるんだな、と。マイ哲学というものかな??

 

何のために戦うのか。

立脚点はなにか。

成長とはなにか。

 

 

主にこのあたりのことについて哲学している部分があって世界観や状況も相まって深かった…。

 

女の子にしちゃ勇ましすぎるだろ!というツッコミはなしで!

 

確かに進撃の巨人となんとなーく雰囲気というか展開が似てるなーって部分はありましたね。もっとも先入観も混じってるでしょうけどw

 

適度な緊張感と休憩のほのぼのシーンが交互にあって続けてプレイしやすいと思いました。 一度プレイしだすとホントに時間忘れてしまうので注意。

 

※今は定価よりだいぶ安い中古ののもが出ています!こだわりがない限り中古でいいでしょう!